今回の地震について 2011-03-15

3月11日、あの時は赤坂の劇場に配達中でした。
地震であんなにも地面が揺れるものとは思っていませんでした。
高層ビルは地震がおさまっても、しばらく左右に揺れておりました。
街中には人々が溢れていました。
店に戻ってくるのに数時間かかりました。
ただ、あの時はこんなにも甚大な事態になっているとは思ってもみませんでした。
テレビから流れてくる映像や刻々と増え続ける行方不明の方の人数を
どうやって受け止めれば良いのか分からなくなってしまいました。
もう考えるのを止め、呆然と映像を頭に流し込んでました。
このような現実を見たくないと思ってしまう反面、
この現実をきちんと見ておかなければならないと感じていたので。
震災から数日経ちましたが、事態は相変わらずです。
今、自分に何ができるのかと考えると、被災地の方の為にはほぼ何もできません。
ただ、この先の被災地や日本の復興に希望を持つために、
今は耐えて、その時までこの気持ちを忘れずにいることだと思います。
被害に遭われた方々に、心からお悔やみ申し上げると共に、被災地の一刻も早い復興を願っております。
代表 杉本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。