BorneoReportVol1 2010-08-13

ボルネオ島に行ってきました。
何故、ボルネオ?何処、ボルネオ?って訊かれましたが、
以前からずっと気になっていた島でした。
砂漠や川、海、遺跡などは行ったことがありましたが、
ジャングル(熱帯雨林)は未経験でした。
だから、行ってきました。アマゾンより古いと言われるボルネオの熱帯雨林に。
目的のひとつはラフレシアでした。
死ぬまでには見たいと思ってるもののひとつです。
ボルネオの玄関、コタキナバルは結構、都会でした。
ボルネオ着いたら一面、ジャングルっていう訳ではなく、
マレーシア特有の整然と綺麗な街でした。(他のアジアと比べて)
ゴミが落ちてない!クラクションの音がしない!車が譲り合う!
ラフレシアは入国2日目に見ることができました。
9ヶ月つぼみで3日だけ開花。しかも、野生にしか咲かないので、
運が悪いと見られないとのことです。
コタキナバルから車で2時間弱、ラナウ村周辺。
街道沿いにこのような看板が開花のサインです。
P1030698.jpg
村人の土地にラフレシアが咲いてるので、この小屋で入場料払って見させてもらう仕組み。
この臨時収入は村の宴会代に使われると言ってました。
P1030700(1).jpg
念願のラフレシア! これは小ぶりでしたが、綺麗に咲いてました。
これで人生の目的の1つが失われました・・・。
尚、ジャングルの中を延々と歩き、やっとの思いで遭遇!
っていうのをイメージしてましたが、小屋から10秒の所に咲いてました・・・。
P1030693.jpg
因みに旅行自体は個人で手配しましたが、ラフレシアを見られるラナウ村へは個人ではキツイです。
現地ガイドのジェイソンさんに連れて行ってもらいました。
大手の現地旅行会社に頼むより、お勧めです。
ボルネオツーリーフトラベル http://borneo2leaf.com/index.html
ジェイソンさんのお陰でオランウータンのジャッキーにも出会えました。
P1030732.jpg
P1030736.jpg
こんな身近にオランウータンと触れ合える経験はボルネオ行っても中々難しいと思います。
オランウータンをそれほど目的としてなかったのですが、ジャッキーに会って好きになりました。
仕草や表情が「人間」というか・・・、「子供」というか・・・、「おっさん!」でした。
この予想外の出会いもジェイソンさんのお陰です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。