BorneoReportVol2 2010-08-14

ボルネオ = 熱帯雨林 のイメージはありましたが、
実際、飛行機でコタキナバルに着き、国内線でサンダカンまで移動、
さらにビリやスカウまで車で2時間で、やっと熱帯雨林の入り口という過程が必要です。
このサンダカンからビリに向かうまでの車窓が衝撃的でした。
両サイド、延々にパーム椰子のプランテーションです。
時速100キロで2時間、ずっとです。本当にずっとです。森なんて見えませんでした。
これはパーム椰子から植物性油を採るためです。
健康志向、脱石油、自然に優しい・・・、こんなキーワードの下で
洗剤やカップラーメン、スナック菓子、バイオ燃料etc、世界中から需要があります。
日本が大半を占めてるみたいです。
パーム椰子ブームの前は熱帯雨林を伐採し、ラワン材として日本に輸出してました。
こういったプランテーションの問題については各自で調べ、各自で認識して欲しいと思います。
とにかく現地でその開発の凄まじさを体感して、その後のジャングル体験もどこか100%は
楽しめない部分がありました。
P1030754(1).jpg
セピロックのオランウータン保護センターにて。
開発等で森を追われたウランウータンの子供などを保護して、
野生に返すセンターです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。